もはや常識!出産前から導入すべきウォーターサーバー

      2016/09/29

もはや常識!出産前から導入すべきウォーターサーバー


妊娠中のときから飲食物やライフスタイルの見直しをしようと、妊婦の方から「出産前のウォーターサーバー導入」について注目が集まっています。これから産まれてくる大切な命のためにも、ウォーターサーバーを導入することはとてもおすすめであると言えます。

出産前の妊婦さんから注目が集まっているウォーターサーバー。では妊娠中に導入することでどのようなメリットが得られるのでしょうか?今回は出産前にウォーターサーバーを導入する利点などについて紹介します。

重たい水を宅配してもらえる

妊娠中の方が、ウォーターサーバーを導入する理由として多く声が挙がっているのが「定期的に水を配送してもらえるから」とあります。1人が1日で摂取する水分量はおよそ2リットル。家庭での水の消費量も多いと言えます。

そうなると水を買いに行く回数、持って帰る水ボトルの本数は多くなりかなり負担になりますよね。ですがウォーターサーバーを導入すると定期的に水ボトルを配送してもらえるため、体にかかる負担の心配がいりません。これが妊娠中にウォーターサーバーを導入するメリットです。

出産後もウォーターサーバーはミルク作りなどで活躍

ウォーターサーバーは出産後も活躍をしてくれます。出産後にウォーターサーバーがあってよかったという理由に「ミルク作りを早く楽にできる」という声が多くありました。

赤ちゃんが泣きだし、急いでミルクを作らなければいけないといった場合、水を沸騰させてから適温になるまで冷ましてとやっていると10分,15分はかかってしまいます。

ですがウォーターサーバーがあれば瞬時に水・お湯の使い分けができるため5分もかからずミルクを作ることができるのです。ミルク作りが1日に何回もあると考えると、時間がかからないウォーターサーバーを使う方が赤ちゃんを待たすことがなく、楽にミルクを作ることができます。

どのようなウォーターサーバーが妊婦さんにおすすめ?

出産前・出産後にも家庭内で大活躍を見せてくれるウォーターサーバーについて紹介してきました。ではどのようなところに気をつけてサーバーを選べばいいかを見ていきましょう。

「軟水」か「RO水」を選ぶ

出産前にウォーターサーバーを選ぶ場合、赤ちゃんが産まれた後についても考える必要があります。赤ちゃんは大人と比べて肝機能が未発達で、消化機能もまだまだ未熟な状態。水に含まれているカルシウムやマグネシウムといったミネラル成分が多かった場合、赤ちゃんの体内ではミネラルの栄養素を消化・吸収をしようとするため大きな負担となります。

赤ちゃんがミネラル成分を多く含む水を飲むと、お腹を壊したり体調が悪くなる場合があるため、できるだけ体に優しい「軟水」か「RO水」を選ぶようにしましょう。

ボトル交換方法で無理がないもの

一般的なウォーターサーバーの水ボトルは容量が12リットルと重く、サーバー上部まで持ち上げセットをする必要があります。お腹に赤ちゃんがいる状態では、重くて大変です。

ウォーターサーバー会社によっては、水を持ち上げることなく足元で水ボトルを交換できる機種なんかも提供をしています。
(たとえばコスモウォーターのsmartなど)

サーバー導入を検討する際には、ボトル交換はどのタイプにするかも検討しておきましょう。

まとめ

妊娠中の方から注目を集めているウォーターサーバーについて見てきました。美味しくて安全なお水が飲めるといったところでなく、重たい水を買いに行く必要がないというのは大きな魅力と言えるのではないでしょうか?

今回の内容を参考に、ぜひウォーターサーバーを検討してみてくだい。

The following two tabs change content below.
ウォーターサーバー家庭の味方編集部

ウォーターサーバー家庭の味方編集部

家庭にあれば何かと便利なウォーターサーバー!ここではそんな生活を快適にしてくれる、ウォーターサーバーについて紹介します。

 - 赤ちゃん関連 , ,