硬水がダイエットに効果的な理由と飲むときの注意点を紹介

      2016/10/20

硬水がダイエットに効果的な理由と飲むときの注意点を紹介


ダイエットに効果的だからと聞いて、硬水を飲み始める人は意外と多いよう。そして、ダイエットでどのように効果的なのかを知らずに飲んでいる人も少なくありません。

また、硬水はダイエットに効果的ですが飲むときの注意点もいくつかあります。ここでは、硬水がダイエットに効果的な理由と飲むときの注意点について紹介します。

 

硬水はマグネシウムの含有量が120mg/1L以上の水

まずはどのような水を硬水と呼ぶのかをおさえておきましょう。水には「硬度」があり、水1Lあたりに含まれるミネラル成分(カルシウム・マグネシウム)の含有量によって、硬水か軟水に分類されます。

WHO(世界保健機関)では、硬度120mg/1L未満が軟水、120mg/1L以上が「硬水」と基準を定義しています。

硬水がダイエットに効果的な理由!

冒頭から説明をしているように、硬水はダイエットに効果的な水であると言えます。ではどのように効果があるのかを見ていきましょう。

効果その1. 便秘が解消される

硬水にはカルシウムやマグネシウムといったミネラル成分が多く含まれているため、胃腸をいつも以上に活発に働かせます。また豊富なミネラルが便を柔らかくし、水分と一緒に排泄を促します。便秘が解消されると代謝が上がるため、ダイエットに効果があります。

効果その2. 脂肪燃焼効果がある

硬水には多くのミネラル成分が含まれているため、基礎代謝と共に脂肪燃焼効率を高めるとされています。ダイエットで結果を出すためには、基礎代謝を高められるかどうかが重要と言っても過言ではありません。基礎代謝が上がれば、寝ているときでも自然にエネルギーを消費できるためダイエットに成功しやすくなります。

効果その3. 脂肪の吸収を抑制

何度も言うように、硬水には多くのミネラル成分(カルシウムやマグネシウムなど)が含まれています。カルシウムには脂肪の吸収を抑える働きがあります。脂肪分は小腸から吸収されますが、体内でカルシウムと脂肪が結合されることで、小腸が脂肪を吸収しにくくなるのです。そのため、カルシウム成分をたっぷり含む硬水は、脂分が多い料理を食べる際などに、とても役立つと言えます。

 

硬水を飲むときの注意点

ここまでで硬水はダイエットに効果的と紹介をしてきました。ダイエットをしている人にとって、「これほど嬉しいことはない」とも言える硬水なわけですが、飲むときに注意しておきたい箇所があります。下記で確認をしておきましょう。

 

飲む過ぎると胃腸に負担がかかる

硬水にはミネラル成分がたくさん含まれているため、腸の中に入ると消化や吸収にと胃腸が活発に動き出します。これにより胃腸が刺激されるため、もともと胃が弱い方などは胃痛を起こしお腹がゆるくなる可能性があるのです。硬水を飲むときには、コップ1杯飲んだあとは数時間たつまで飲まないようにするなど、一気に飲まないように気を配りましょう。

 

過剰摂取を続けていると結石ができる可能性がある

硬水を飲むことが結石の絶対的な原因であるとは言えないとしても、硬水に含まれている豊富なミネラル成分の存在について見逃すことはできません。

結石は、肝臓や尿管などにカルシウム成分(ミネラル)が蓄積され凝固されることで石のように形成されます。硬水を過剰摂取し続けていると、腸が摂取したミネラル成分を消化しきれず、蓄積されていくため結石ができる可能性が出てきます。

まとめ

硬水がダイエットに効果的な理由と、硬水を飲むときの注意点について紹介しました。参考となりましたでしょうか。硬水はダイエットにとても効果的ですが、過剰摂取をし続けると胃腸が弱くなる、お腹がゆるむといった可能性があります。

時間を空けて過剰摂取をしないように飲みましょう。

The following two tabs change content below.
ウォーターサーバー家庭の味方編集部

ウォーターサーバー家庭の味方編集部

家庭にあれば何かと便利なウォーターサーバー!ここではそんな生活を快適にしてくれる、ウォーターサーバーについて紹介します。

 - 健康について ,