1人暮らしでウォーターサーバー導入!失敗しがちな人の特徴

      2016/11/03

1人暮らしでウォーターサーバー導入!失敗しがちな人の特徴


安全で美味しいお水を、飲みたいときにいつでも飲めるという快適さから、ウォーターサーバーを導入する家庭が増えています。最近では1人暮らしの方も、ウォーターサーバーを積極的に導入しているのだとか。

そんなことで、1人暮らしの方がウォーターサーバーを導入することに調べていると、「失敗した!」という声を多数見つけました。今回は、1人暮らしでウォーターサーバーの導入を検討されている方のために、失敗をしないための情報をお伝えします。ぜひ参考としてください。

1人暮らしのウォーターサーバーはとっても便利

1人暮らしとはいえ、自宅にウォーターサーバーがあると何かと便利です。ササッとお湯が出るため出社前に手早くコーヒーを淹れたり、帰宅後ラーメンを作りたいと思ったときに素早く作れたり…。

また業者がお水を定期的に配送してくれるため、重たいペットボトルを持ち帰る必要がないのです。このように、ウォーターサーバーは生活を快適にしてくれるアイテムであると言えます。

ウォーターサーバー導入で失敗しがちな人の特徴

ウォーターサーバーは前述でもあったように生活を快適にしてくれます。ですが、なかにはサーバーを導入して失敗をしてしまう1人暮らしの方がいるのです。

ここでは、ウォーターサーバー導入後に失敗しがちな人の特徴を紹介します。

特徴その1. 購入ノルマを意識していない

1人暮らしでウォーターサーバーを導入して、失敗しがちな人は購入ノルマを気にしていない人です。ウォーターサーバーを契約するとほとんどの会社ではノルマが設けられ、1カ月に2本(1本12L)というところが多いです。

この数値の例でいくと、1カ月に24Lの水を消費しなければならないこととなります。自炊を頻繁にしているなどであれば、使い道が多くありますが、外食が多くあまり自宅に戻らないという方は特に注意が必要。

メーカーによっては、1本7Lというところもあります。ウォーターサーバーを契約する前に、1カ月でどれくらいの量を消費できそうかは、必ず確認しておきましょう。

特徴その2. 水ボトルが重くてサーバーに設置できない

先ほどの説明のように、水ボトルは1本12Lであることが多いです。サーバーに配送された水ボトルを設置するときには、12Lのボトルを設置のために高い位置まで持ち上げる必要があります。

また重たいばかりか中身が水であるため、持ち上げる時にはバランスを崩しがちとなることも。

とくに女性やお年寄りの1人暮らしの方が悉皆することが多いです。たとえばコスモウォーターのsmartのようなサーバーの場合、水ボトルを高い位置まで持ち上げなくても足元で交換ができるためとても楽です。サーバー契約の前には、交換が簡単にできるかも確認しておきましょう。

特徴その3. 不在で水を受け取れない

水を配送してもらっても帰宅時間が不安定な場合、受け取れないことがあります。不在表の番号に電話をかけ、再配達の依頼をするのが面倒くさい、再配達をしてもらってもまた受け取れない、やっぱり面倒くさい。と口にする人は少なくありません。

ウォーターサーバー契約の前に、配送されたお水を受け取れそうかどうかも、検討材料の1つとして見ておきましょう。

まとめ

1人暮らしでウォーターサーバー導入をした際、失敗をしてしまいがちな人の特徴について紹介してきました。

とくに1人暮らしでウォーターサーバーを導入する場合、紹介した内容のポイントを確認しておかなければ、後悔をする可能性が高まります。

理由は、ウォーターサーバーのメインターゲットが家族2~4人の世帯であるから。ここまでの内容を参考にウォーターサーバーを検討してみましょう。1人暮らしであっても、ウォーターサーバーが自宅にあると、とても快適に過ごすことができます。

The following two tabs change content below.
ウォーターサーバー家庭の味方編集部

ウォーターサーバー家庭の味方編集部

家庭にあれば何かと便利なウォーターサーバー!ここではそんな生活を快適にしてくれる、ウォーターサーバーについて紹介します。

 - サーバー ,